【ゆとり日記Part15】ぴょんのセンス、異常です


《スポンサードリンク》

閲覧ありがとうございます!”ゆとりの産物”の凌汰郎です!

 

今回のゆとり日記はまた建築物を紹介していこうと思います!

 

前の建築はクロノの食堂、凌汰郎の鍛冶屋。

今回は…

 

ぴょんらしい建造物(狂気)

う、ウワァ・・・(⌒-⌒; )

全色使っておる・・・。

しかも、扉よく見るとトラップドアだし。なんでや・・・。

クロノの食堂の向かいにあるこの施設。

威圧感がはんぱない。

内装は美術館を意識したそうで

絵画がたくさん飾られています。

 

一体何の施設なのか?

実はこの施設、

 

テラコッタを仕舞っておく専用の倉庫で

画像右の魚のチェストにテラコッタを入れると

自動的にその色のチェストに自動で送られるようになっています

 

レッドストーン回路はほんとぴょんに任せとけば安心(笑)

 

これで建築でのストレスが一つ軽減されます!

 

次回!クロノの食堂に新機能!

(↑画像クリックでPart16へ移動します)


《スポンサードリンク》

この記事を友人と共有しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像で表示される認証コードを入力して下さい。